2018年04月06日

今話題のトイドローン「TELLO」を使用してみました。

JPSの三田さんと香港で写真展をした時に持参していたDJIのドローンには興味を持っていましたが流石に三田さんの本格的なドローンは初心者には手を出しにくいので同じくJPS仲間の河村さんが先月購入していたトイドローンを試しに購入しました。楽天ポイントが溜まっていましたので約1万円で購入出来ました^^
今回購入しましたのは中国の企業RYZE社の「TELLO」という機種です。河村さんの話だとこのトイドローンは他社のトイドローにみられない、ビジョンセンサーが非常に優秀らしく、安定した飛行&撮影が楽しめるということでした。
本日届いて開封したときにまずは・・・なんて軽くて小さいのだろう!と感動しました。まるで愛機、オリンパスのカメラに通じるものが!!(( ´艸`)
静止画は500万画素で撮影できるそうです。重さはたったの87gで飛行時間13分・・・・ほお、これはこれは。
バッテリーもかなり小さくて1100mAhでした。
私の所有している13000mAhのCheeroでも充電できるかな?と思い試してみると簡単に充電出来ました。充電時間は1時間30分だそうです。
動画・静止画ともに撮影しましたが静止画は500万画素で暗いところはピンアマのような暗い写真しか撮影できませんのでまだ無理そうですね。キャビネサイズの大きさくらいが限界のような画質でした。
山奥や海沿いの見ずらい撮影ポイントの下見等には使えそうです。あとは自宅の補修箇所点検・・・(( ´艸`)
静止画は様々な機能があるので良いですね!特に360度自動回転撮影機能は良い感じでした。
いずれにせよ、これはすごい可能性を秘めているモノが登場したんだと思いましたね!
近い将来、この軽さと大きさでプロ機が登場することでしょう!!


IMG_4474.jpg
プラの箱を開けたらこんな感じ。で説明書はこれまた小さい!!
IMG_4491.jpg
20180406142755.JPG
今日は雨ふりなのでスタジオで飛ばしてみました。最初ななれなくて3回ほど思いっきりぶつけて落下させましたがなんともなし。案外丈夫なのかな。
20180406155203.JPG
段々慣れてくると微調整で撮影したくなりますよね?www目が届きにくいところを激写。




posted by 虫上 智 at 16:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記